内湯のご案内

違った表情を持つ三つの内湯がございます。かけながしの湯を存分にお楽しみくださいませ。


桜の湯
桜の湯
メタケイ酸が多く含まれ、美肌効果があります。
歴代館主が200年以上前から守り続けてきた湯の恵み。当源泉は那須御用邸にて引湯されており、 その成分はメタケイ酸を多く含有し保湿成分が高く古くから美人の湯と云われております。 また、疲労回復、リューマチ、神経痛、冷え性のほか美肌効果があり、 飲泉(館内飲泉にて)することにより胃腸病にも効果があります。
本水1kg中の主成分
陽イオン成分名分量(mg)
ナトリウムイオン Na+254.0
カリウムイオン Ka+25.8
カルシウムイオン Ca+267.8
マグネシウムイオン Mg+219.0
陽イオン成分計166.6
陰イオン成分名分量(mg)
フッ素イオン F-0.1
塩素イオン Cl-1.9
硫酸イオン SO42-378.3
炭酸水素イオン HCO3-9.2
陰イオン成分計389.6
非解離成分名分量(mg)
メタケイ酸 H2SiO3318.8
メタホウ酸 HBO220.7
非解離成分計339.5
溶存ガス成分名分量(mg)
遊離二酸化炭素 CO21.2
非解離成分計1.2
桜の湯
桜の湯
女湯

笹の湯
男湯

笹の湯
相の湯
相の湯
貸切風呂
貸切風呂「相の湯」は、ご宿泊のお客様専用とさせて頂きますので、日帰りのお客様は、ご遠慮させて頂きます。